高知県での看護師の現状

高知県は、高知市を県庁所在地とする、太平洋に面した県です。
名産物として、「カツオのたたき」などが有名です。
人口は約75万人ほどで、人口10万人あたりの看護師の数は全国的にもトップで、病院の数も同様に全国でトップレベルの数であり、医療に関してかなり水準の高い県であるといえます。
ただ、他の四国の県と同様に、人口の多い高知市以外の地域では、病院の数も少ないのがやはり現状のようです。
看護師の平均給与額は都心部と比べるとやや低いようです。
ですが、高知県内には病院の数の多さだけでなく、高いレベルの医療機関も数多くあるという状況から、医療の現場で働く人たちにとっては、魅力的な県と考えることが出来るでしょう。

高知県での転職のコツ

レベルの高い医療機関があり、そして何より病院の数自体が多い高知県において、看護師の数やその求人募集が多いということは当たり前のことなのかもしれません。
そういう状況の中でより適切な転職先を見つけるためには、自分には何が出来るか、そして、看護師として何がやりたいのか、という自らをカテゴライズすることが必要となってくるでしょう。
漠然としたイメージで自分の仕事を想像するのではなく、こういった場所で、こういう状況で、こういうことをやりたい、そういう具体性を持つことが出来れば、あなたの転職先はおのずと決まってくると思います。
必要なのは、自分の能力や希望する職場を分析すること、そしてそれに見合った転職先を見つけるために情報収集を行うこと、これらがあなたの転職の成否を握るカギとなるはずです。

愛媛県での看護師の現状

愛媛県の県庁所在地は松山市で、それは四国でも最も人口の多い市となります。
四国の北西から北中に位置する県で、かんきつ類の生産が盛んに行われており、「みかん」や「いよかん」などが有名です。
人口は約14万人程度で、人口10万人あたりの看護師の数は、全国でも上位です。
看護師の給与の平均金額は、都心部などと比べると、ちょっと落ちるといったレベルの金額のようですが、病院の数は全国的にみても多い部類に入ります。
ただし、それらは人口の多い松山市に集中しております。
ですが、他の人口の多い地域にも病院はあり、そして求人募集もなされているようなので、求人募集自体の数は、決して少なくないのではないかと思われます。

愛媛県での転職のコツ

県庁所在地である松山市が、四国最大の人口を誇る市であることから、市内を中心に、多くの求人募集があることが想像されます。
しかしそれゆえに、転職の際には、自分の軸のような部分をしっかりと認識しておくことが重要です。
選択肢が多いということは、必ずしもチャンスが多いということとイコールにはなりません。
多すぎる選択肢というものは、場合によっては最良の判断を下す際の妨げにならないとも限らないからです。
転職先が多ければ多いほど、それを冷静に判断するための情報収集が必要となります。
つまり、事前準備に多く時間を割く必要があるということです。
ですが、その準備はどのような形であれ、必ずあなたが転職する上で糧となるでしょうから、時間を惜しまない心がけをおすすめしたいと思います。

香川県での看護師の現状

香川県は、高松市を県庁所在地とする、四国の北東に位置する県です。
名物の「讃岐うどん」が有名で、全国に多くの愛好家を持ちます。
また、瀬戸大橋によって本州と結ばれているため、中国地方や近畿地方とも繋がりの深い県であります。
人口は約99万人、人口10万人あたりの看護師の数は、四国の他の県と比べるとやや少ないようですが、それでも全国的には上位に入ります。
看護師の平均給与は都心部と近い金額にあり、こちらは他の四国の県と比べた時には、やや高めのようです。
病院の数は全国的にも決して少なくはないのですが、その多くは県庁所在地である高松市に集まっております。
ですが、県内に病院数が多いということから、医療には力を入れている県であることがうかがえます。

香川県での転職のコツ

香川県の医療の特徴として、地域医療への積極的な取り組みが挙げられると思います。
訪問看護に力を入れている病院が多いということです。
ですので、そういった分野での仕事を希望される方には、広い範囲からの転職先の選択が出来る環境にあるともいえますが、それだけに、自分がどのような種類の職場での仕事を希望するのか、自分の中でそれを明確化しておくことが、転職の際のポイントになると思われます。
また、病院が高松市内に集中しているということから、転職先としての選択する病院も、市内のものを中心に考えていかざるをえないことでしょうから、そういったことも事前に想定した上で、自分が希望する種類の転職先を見つけ出すことが、重要となってくることでしょう。

徳島県での看護師の現状

徳島県は、徳島市を県庁所在地とする、四国の東部に位置する県です。
「鳴門の渦潮」などが有名で、栗がたくさん収穫されたことから、昔は「栗国(あわのくに)」などと呼ばれました。
人口は約77万人ほどで、人口10万人あたりの看護師の数は、全国でも上位に分類され、看護師の平均給与の金額は、都心部のそれと比較すると、やや低いとされています。
病院は徳島市に集中しており、それにともなって求人募集も、徳島市のものが中心となっております。
他の地域となると、必ずしも徳島市内と同様の求人募集があるわけではないというのが現状のようですが、それでも、県内の病院数そのものでは全国でもトップクラスですし、また、徳島市内の大きな病院などでは、継続的な求人募集がなされているようです。

徳島県での転職のコツ

県内の看護師の数が全国的にも多い県ですので、他の県と比較した時には、職場での人手不足に悩まされることも少ないのかもしれません。
そういう意味では、落ち着いて仕事に当たれる環境にあるともいえるでしょう。
ですが、看護師不足が言われ続ける現状を考えるにに、あくまで「比較的に」ということを念頭に置いておくことも大事でしょう。
実際の職場の状況と、イメージしていたものが異なっていても、転職してからでは遅いのですから。
そのためにも、求人サイトや求人誌などで、綿密な情報収集を行うであったりとか、もし可能であるならば、自分の希望する病院や診療所へ赴き、実際に自分の目で確かめることも、転職してから後悔するような事態を、防ぐ有効な手立てとなることでしょう。

四国における医療の現状

四国にある県のほとんどにいえることですが、病院や数や求人募集の数そのものは、決して全国的にみても少なくはなく、看護師として転職する環境としては恵まれていると思いますが、それらが県庁所在地である市などの、人口の多い地域に集中している傾向にあります。
つまりそれは、人口の少ない地域においては必ずしも医療環境が整っていない、という状況を示すものだと思われます。
そして多くの地方都市でも同様の状況にあることは、容易に想像が出来ます。
人口の少ない地域にも、やはり医療を必要としている人たちはいます。
たとえば高齢者の多い地域などでは、それは顕著なことでしょう。
そういった人たちのもとにも、より高度で適切な医療がなされる環境の整備が必要です。
もちろん、それは簡単なことではないでしょう。
ですが、医療に携わる人たち1人1人の心がけが、そういった方向に向かい続けさえしていていれば、それは決して「不可能」なことではないように思われます。

四国で看護師として働く、その意義

地方における医療の環境整備という観点からも、四国で看護師として働くことは、非常に有意義なことでしょう。
四国には、高知県のように高い水準を誇る医療機関を持つ県もありますし、それ以外の県でも、たとえ設備や給与面で都心部の病院に少しくらい劣ろうとも、それ以上に医療に携わる人たちにとって魅力的と感じられる環境が、きっとあるはずです。
大切なのは、なぜ自分が看護師という職種を選んだのか、その理由を忘れないことではないでしょうか。
それはきっとシンプルな理由だったはず。
「病気で困っている人の手助けをしたい」だとすれば、その志にふさわしい転職先は、四国のどの県においてもきっと見つけることが出来るでしょう。