四国の看護師転職 現状とコツ

四国の看護師転職 現状とコツ

MENU

四国の看護師転職 現状とコツ

高知県は、高知市を県庁所在地とする、太平洋に面した県です。
名産物として、「カツオのたたき」などが有名です。

 

人口は約75万人ほどで、人口10万人あたりの看護師の数は全国的にもトップで、病院の数も同様に全国でトップレベルの数であり、医療に関してかなり水準の高い県であるといえます。

 

ただ、他の四国の県と同様に、人口の多い高知市以外の地域では、病院の数も少ないのがやはり現状のようです。
看護師の平均給与額は都心部と比べるとやや低いようです。

 

ですが、高知県内には病院の数の多さだけでなく、高いレベルの医療機関も数多くあるという状況から、医療の現場で働く人たちにとっては、魅力的な県と考えることが出来るでしょう。

 

 

高知県での転職のコツ

 

レベルの高い医療機関があり、そして何より病院の数自体が多い高知県において、看護師の数やその求人募集が多いということは当たり前のことなのかもしれません。
そういう状況の中でより適切な転職先を見つけるためには、自分には何が出来るか、そして、看護師として何がやりたいのか、という自らをカテゴライズすることが必要となってくるでしょう。

 

漠然としたイメージで自分の仕事を想像するのではなく、こういった場所で、こういう状況で、こういうことをやりたい、そういう具体性を持つことが出来れば、あなたの転職先はおのずと決まってくると思います。

 

必要なのは、自分の能力や希望する職場を分析すること、そしてそれに見合った転職先を見つけるために情報収集を行うこと、これらがあなたの転職の成否を握るカギとなるはずです。